無事終了いたしました。
 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

 さすがライヴは生き物。これまでのどの回とも違う雰囲気。
 そして、客席の雰囲気も。

 会場の楼蘭は、とてもチャイナな雰囲気の中国茶芸館。なぞの「茶」がキーポイントとなる「Forgetten Dreams」には、そのオリエンタルな異国情緒がぴったりだったかも。
 楼蘭のみなさま、ありがとうございました。

IMG_5330




 今回も客席に、現役のイラストレーターさんと、漫画家さんがおいでになりまして、アンケ用紙などにびっちり画を描いて下さいました。
 オフィシャルサイトで公開OKということなので、追って掲載させて頂きたいと思います。
 しかし、プロって短時間にいろいろ把握して、しかも想像力まで広げて、画にして…シラフヤルカ一同、感嘆の声を隠しきれませんでした。 

 また、以前から仲間内でやっていた、猝兪曠ャスティング制限無し瓩發患入頂きまして、こちらはもうちょっと数が集まったら発表していきたいと思います。
 …でも、作者もおどろくくらい、みなさんカッコイイ系・美女系の役者さん当ててくださる…(^◇^;)。
 登場人物たちもきっとbackstageで喜んでいることでしょう。

IMG_5652


 今回のライヴ構成は、佐藤氏のソロ→シームレスに「アメニモマケズ」読み語り→本編 というもの。
 ギターソロでは、スペイン曲〜ブラームスのピアノ曲やサン=サーンス「白鳥」などをクラギ用にアレンジしたオリジナルtuneが披露され、中国茶芸館に印象派が鳴り響くという、これまた無国籍な空気に。

IMG_5650


 その演奏中にふらっと迷い込んできた旅の物語オトコという体で「アメニモマケズ」が始まり、会場の空気がすーっとまとまりました。

 休憩を挟んで本編。




 そうそう、休憩中に、楼蘭のマダムお手製の上海仕込み点心が並べられ、飛ぶように売れていきました!
 上海式焼きそば、鶏肉ロールのフライ、そして獅子頭。
 この獅子頭(肉団子)、楼蘭オリジナルレシピで、そのふわふわさ加減といったら!
 ライヴ終了後頂いた私は思わず「天使の食べ物だ」と叫んでしまいました。
 ときどき日替わりランチに登場するらしいです。みなさまも是非。

IMG_7331






 脱線しました。
 本編は、また前さらさliveとキャラ付けが変わったかな?。
 クライマックスシーンも、テイストがすこし変わった?
 でも変わらぬ迫力。
 みなさんのイメージを大いにかき立てたようです。

 この作品はシンプルなので、たぶん、ご覧になった方にとって鏡になるかと思います。
 どの人物、どの小道具、どのシーン、どのコトバに思い入れや感情移入があるかが、その方の「そのとき」を映し出すような…(作品中のどこかに大きな鏡がでてくるから、かも)


IMG_5654

 

 次回はまた趣向を凝らした構成でお届けしたいと思います。
 
 …そうだ。申し訳なかったことがひとつ。
 お客様でOAで二胡演奏があると思われておいでだったかたがいたのだけれど、今回はプロデュースと当日制作に専念のため私は二胡を弾かなかったので二胡演奏はしませんでした。
 いずれ、機が熟したらどちらかで。

 それと、まっつさんが楽しみにしていた「金富士でのちょい飲み」、お店の戸を開けたら、おかみさんが「わるいねー今日は焼き鳥全部出ちゃって」となり、痛恨の断念。
 まっつさん、本当に残念そうでした。
 いつかリベンジせねば。

 写真は、金富士酒場伝説の、200円台で3本でっかいのが来る焼き鳥です。

IMG_7270



 さて、次回ですが、11月末〜12月初頭、そして来年三月末〜四月初頭に、再び三度、お目にかかれるように、只今制作作業中です。
 
 その時は、「Forgetten Dreams」オリジナルサントラ「ルピナス rupin」が収録された佐藤氏のソロアルバムが会場でお求めになれると思います。

 また、さらに不肖私の短編小説集が紙の本として(ライブグッズみたいなもの)登場する予定です。(来年かも…)

 そして、リピーターさん優待プランが発動します\(^O^)/。

 長くおつきあいくだされば幸いです。

IMG_6836








 
*******************************************************
c maho arakida,someiro, since1999〜∞
無断転載禁止 コピペ禁止 盗用的な引用禁止 
つまりパクリはダメってことで。

ブログ主は無宗教、特定の支持政党はありません。