恋上二胡/二胡と遊ぼう

札幌の二胡な人 荒木田 真穂の 二胡もあるブログです。    

本職ことだまつかい(書き屋)な
二胡の人(Player & Instructor)
無宗教。支持政党無し。
HP 最愛二胡 http://someiro-erhu.jimdo.com/
グローバルワークス と
unitシラフヤルカもよろしくお願いします。


 ちえりあの企画から立ち上がった二胡サークル「二胡と遊ぼう」
 札幌市中央区民センターにて、月一ペースでゆるゆるとやっております。(午前中の約2時間)
 初心者または初心者からやり直してみたいというかた、歓迎しますよ〜
 受講費は月2500円です。入会金はいまのところ無しです。

 発表会はいまのところ予定ないので、マイペースでプレッシャー感じず二胡とあそぶように楽しみたい方にはとくにお勧めかもしれません。
 ただ、来年、「100人で賽馬を弾こう」という企画にはお誘いするかもしれません。が、これとて参加は自由です(^^)v。


 託児はありません。駐車場は区民センターにお問い合わせ下さい(^^)v

 お問い合わせは、someiro-gld@mbr.nifty.com まで
 見学希望の方もかならず前もってご連絡くださいますようお願いします。

 
 札幌市中央区民センターは
 札幌市中央区南2条西10丁目 狸小路10丁目。
 至近にバス停、路面電車停車場があります。地下鉄は東西線西11丁目が近いです。
 そして、お向かいに「こども食堂狸小路」の会場になっている札幌軒さんがあります。
 また、札幌の中国茶喫茶の老舗「楼蘭」もあります。

 なんとなく薔薇を張ってみました。
 夏天最后的薔薇……

 
 
P1030022




恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。
引用希望の場合は、切り取らずにリンクを張って下さいm(_ _)m。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。





9月、18日、25日の10時〜
「今さら聞けない!」および「目覚めよ押し入れ二胡!」
単発講座受講可能です
受け付けておりますので、どうぞお申し込みください。


どんなことができるのかな?ですと、基礎の見直し、ブラッシュアップ、メンテナンス方法、演奏前に曲を指定して奏法クリニック、また、ご自分が今どんな感じなのか知りたい、ということをやります。

それから、行ってみれば演出的なアドバイスも、随時させて頂いてます。
お一人お一人の音色や技能や志向に沿った、表現方や練習法のアドバイス、ですね。


当方の講座へ勧誘はしません。


時間は約1時間+αです。


当然ですが、今どこかに所属してらっしゃる方もお越し頂いていますので、受講者さんの個人情報は外に出しません…
(積極的に、だして〜 という希望がある場合は別ですが(^_^;))



今月は限定二枠。いつもそうなんでわりとすぐ埋まるかもしれません。
来月も日にち未定ですが二枠くらいありそうです。
早い者勝ちです(^^)。

お問い合わせは someiro-gld@mbr.nifty.com へお願いします。

なお、お問い合わせメール本文には、お名前を明記ください…
匿名のお問い合わせにはお答えできない場合があります…


湿度高いですね。
でも乾きがちな北海道だと、かえって二胡皮の調子がいいかもしれません。


闇月湿度計






ニコちゃん先生さんは厳しいんでしょう?と先日、別教室の受講生さんに言われましたが、どうかな。自分じゃわからないですね〜(^_^;)



基礎を軽く見てる人には厳しいかも知れません(^_^;)。

それと、事前に教えておいて欲しいこと(他教室掛け持ちか、とか、ご自分で教えているとか、の基本情報)を、故意に隠して受講されていて、途中で判ったときは、はっきりとこちらの方針をお伝えすることがあったかもしれません。


というのは、かつて、ジャー・パンファン先生の教室のテキストを特別に許可を得て使わせていただいていたことがあり、部外流出禁止だったのですが、
それを、再度コピーして掛け持ちの別教室やご自分の教室用に使う、といった事が、ほんとに稀ですがあったので、そこは…
厳しく言わないとなあ、と思ったものですから。

他も、私の申し上げることを逐一メモや録音してそのままご自分の教室で使用するとか…
これは料理教室のテキストそのまま流用のケースと同じでどうしたらいいのかわかりませんが…
でも事前にご相談いただければ、講師さん用の別プログラムもご用意できたのにな… など残念に思っていました。



今はジャー先生のテキストは無事出版され、誰でも購入できますから、ジャー先生関連ではもうそういうことはありません(*^_^*)。
私の講座を参考にすることについては、まあ相談次第ということになります。言って頂ければ、拒否ということはありません(*^_^*)。




…たまに、同業の方に、ご自分の生徒さんの悪口言う講師さんもいますが、当方、そういうの嫌いんんで言いません。
まあ清潔な人というより、悪口で関わりを深めるとか、そういうの面倒くさいです。つまんないです。

噂話が好きでしょうがない方は、他の講座をお探しになるといいかもしれません(^_^;)。なんてね。
今は札幌もいろんな講座できましたし。



でも我ながらずいぶん円くなったような気もします。
相変わらず二胡以外のマシンガントークを聞くのは苦手です〜 

発表会もめったにやりません。それより、受講者さんが一人一人十八番を持って、独立した形でソリストになって、あちこちのグループに参加したり、ソロで弾いたり、なことになればいいなあ、と


今は思ってます。
(気まぐれなのですぐかわるかも)


へんな話になったんで、和みそうな御写真を張っておきますね。

おかし







***********************************************************************************************

恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。



 
P1050250


 と孤独のグルメ的なタイトルで始め、まあ、一枚写真貼ればいいかねって感じだけど、おい、物書きだろ、腐っても。なんのために、30年余ことだま使いをなのってんだ、というわけなんで、書きます。

 今日は取材の下調べでタヌコウエスト方面を歩いてました。
 ああ、タヌコウエストとは、狸小路の西側、主に7−10丁目を指す、造語です。
 csomeiroが勝手に作ってそう呼んでますが…
 創生川イーストに対抗は特にしてません。

 とはいうものの、タヌコセンターがここ数年、多少残念な変貌を遂げ、タヌコイーストはすっかり創生河イーストにお株を持って行かれるなか、タヌコウエストもだいぶん変わりましたが、札幌が都会だったころの面影を残しているように思います。

 
P1050261


 その中にあるラーメン店がこれ、老舗・札幌軒です。
 いまどきの、ラーメン本に載ってるこりすぎてこじれたようなものではない、
 ホッとする味のラーメンを食べることができます。

 特に塩ラーメン。私は塩は鶏塩が本筋であり、なんで札幌で豚骨なのよ、海鮮出汁とかいらんわ、って人間なんで、昨今はなっとく行く塩ラーメンを食べられるところが減って往生しておりました。
 そんななか、ここと、北の方にある「菅家」は、いくたびに「あー塩ラーメンありがたや〜ばらさばらさ」とブースカみたいに喜びたくなるお店です。

 しかし今日は暑かったんで、ラーメン食べて汗発生器になるのもアレかと思い、チャーハンにしました。
 ぱらっとした濃いめ醤油味のチャーハンには、でっかいエビが二つ載ってます!
 しかも盛りがいい!
 これだけでもううっとりなんだけど、添えてあるスープが、例の塩ラーメンのスープなんだろうなあ。

 チャーハンは作るのも食べるのも好きな身としては、ああ、いっつへう゛ん でした。

 グルメ取材ではないのですが、また伺うことになりましたんで、次こそはラーメン、またはサイズが選べるラーメンチャーハンで、と。
 ひとり心に誓うのでした。

P1050252



 そうそう、ここは、「こども食堂」も週一回開店しています。
 さまざまな事情があって一人でご飯食べなければいけないこどもたちを中心に、安全な食材で美味しい食事をアトホームな環境で食べてもらおう、というという運動のようで、札幌市内にじわじわ店舗が増えています。
 ネットなどみると、まず思うのは、メニューが毎回とても美味しそう。
 でも、大人がどかどか踏み込んで数量限定のこどもたちのお食事を横取りするわけにもいかないなあ…

 でも、 楼蘭さんのお隣で、言ってみれば町内会なんで、なにか協力したいなあ。
 募金や寄付を寄せることかな?
 でも、まずは騒がず静かに方法を模索したいと思っています。
 なので、今日はこども食堂に関しては、グルメ記事的なレポートは書きません( ^o^)ノ。




 あ、そうだ、おいらはことだまつかいであり、二胡使いでもあったんだった。
 二胡は、8月6日、7日、12日、出没予定があります。
 他にも、いくつかばらばらっと弾きます。
 たぶん音響は最小限で、ソロです。

 素の二胡で勝負したい気分がいま高まってまして。メッキはいずれはげるものだし。
 見かけたらよろしくお願いします。

 服は平服ですとはいえ、私基準の平服です(^◇^;)。
 暑いんでチャイナはなしかな… ちゃけ、キャミ&ショーパンで演奏したいくらいです。
 やるかもしれないしやらないかもしれません。

 (誰得ってことばあるけど、誰損ってことばはどうだろ。いま思いつきました。ことだまつかいは、ことばをつくるのです)
 
 


 でも、この、ことだま云々って、一歩下がってみると、中二病っぽいかもですね。
 若いときはおもしろがって(というか、ホンモノなので)使ってたけど、年取って使うの痛いかも。
 
 しかも「二胡使い」ももしかしてもっとやばいかも。
 だって、二胡は私の配偶者ですから。
 夫か嫁かを「使う」とは何事、って感じですよなあ。
 まあ、二胡との夫婦仲は良いです。てか、普通の夫婦って感じです。

 いずれもっといいキャッチフレーズ考えたら、変えるような気がします。



 という夏、八月は、チャーハンとスイカとキュウリとトマトとコーヒーゼリーで乗り切ります。
 とうきびも添加するかもしれません。
 いい、季節だ。




******************************************************************************************************
 恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、オリジナルな言葉のパクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。



 
 

 
 
 


 タイトルに全部書いてしまいましたので、そういうことなのです。
 5月23日〜五回限定で開講しました、短期な二胡講釈、無事に終了しました。
 受講者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 無事…とはいえ、一日だけ暴風雨の日が…
 今日誰も来ないかも…、まあいいや、そうしたら会場貸し切りで大練習祭りじゃ、と覚悟を決めましたが、来るわ来るわ…結局、前回お休み申告した人以外全員が…
 有り難いですね。その日は、休憩時間に中国茶を飲みつつ、でした。

 「これ、レッスンじゃないんで」
 と、第一講目に宣言する講師ってどうよ(^_^;)。
 という始まりでしたが、みなさま楽しんで下さった…と思う。

 鑑賞やったり、基礎テク〜応用テク、楽譜、楽曲、合奏、演奏の際のあれとかこれとか、などを詰め込めるだけつめこんで。
 楽曲は、きらきら星、春の小川、かえるのうた、揺籃曲、荒城の月、さくらさくら、蘇州夜曲、良宵、二泉映月、賽馬… など、ターボでぶっ飛ばしました。めざせ二胡テーマパーク(^_^;)

 あれですな、エンゼル五枚でもらえる おもちゃの缶詰、的な。
 二胡おもちゃ箱状態でした。
 たまにびっくり箱だったかも。
 講師がいちばんおもしろがっていたかも。

 主幹のちえりあの企画課スタッフのみなさま、中央区民センターのみなさま、お世話になりました。期せずして、夢だった「目覚めよ!押し入れ二胡」が実現してしまいまして。企画冥利につきますありがとうございました。


 そしてもと受講者のみなさん、もう、わたし達は二胡仲間ですよ〜\(^o^)/


P1050333


 あ、そうだ。
 この講座が、二胡サークルになったようです。
 来月から、月一ペースでゆったり活動予定とか。
 会場は中央区民センターのようです。

 私も顔を出しますんで、もし混ざりたいなあという方は、
 メールでお問い合わせください。


 そしてそのサークルの名は…

    「二胡と遊ぼう」!





****************************************************************************
恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。

 妄想癖はありますし、妄想がもとで突然実行することがあります。


 ニュースを見ていましてね、日本の理化学研究所が命名権をゲットした113番目の元素(113って素数ですよね?関係無いけど)の名前を観まして。
 で、ピンと来ました。

「つぎやるバンド名は爛璽軾峺義妊縫灰縫Ε爿瓩砲靴茲Α!!!」
 と。

 
 ホシジマカエデ、クレイドルフラワー、カルデニアナイトなど、架空理系名称考えるのは大好きなんで。その先にありましたね。

 コンセプトとか、お誘いしたい方がたのリストとか、あっというまにできまして。
 これは言葉の素の意味で、空想から科学へ… もとい、妄想からリアルへ、じわじわ移行したいと思ってます。



 とはいえ
 ・この名称、小劇場系劇団名みたいだな…
 ・同じ事考えてる人、200人くらいはいるかもな…
 と、もにょもにょしているのは事実です(^_^;)。






P1060048







 二つ目の妄想。
 来年5月とか6月頃「百人で賽馬を弾こうぜ」(爐辞瓩鬚弔韻襪どうか迷い中)という意気込みのイベントをやりたいと思ってます。

 とある有名教室の女老師に「お金にならないことは あなたがやってくださいよ」と言われた、その言葉の重みをかみしめながら(前半事実ですが、後半ジョークです)…ってわけじゃないんだけど。

 百人あつまるかわかりませんが、意気込みで。というわけ。
 三部合奏用のパート分けしてますんで、開放弦しか弾けなくても参加できるようにして。

 賽馬は賽馬なんだけど、百頭くらいの馬が、なんか知らないけど集められて、走り出したらコースもなにもあったもんじゃなくて、でもすごい嬉しそうに走ってる、で、最後は全員で嘶く、そういうイメージ。

 最少催行人数五人でもやろうかな〜って考えてますんで、気になるなあって方は、連絡ください。メールでね。

 これは、じわじわ始めてます。時間かかるだろうし、集まってもらいかたも、工夫必要だろうし、なにせ、一部では、なんか偏屈な古株って思われてるらしいし(一部事実です)。

 人間、楽器と同じで相性があるからね。


 だから、ほんと、最初は五人でもいいかな、でも10人くらいだともっと嬉しいかな、って考えてます。
 


 お金にならないことばかりやってるイメージって、真面目なビジネスの人からみたらイライラするのかな。
 いえ、ちゃんと受講料頂いてますから〜(^♢^;)。
 これは価格破壊してませんよ。


 ときどきのイベントが、臨時収入のためでなく、受講者さんと楽しく二胡で遊ぶためにやってるんで、たまに足もでる、ってだけで。
 でも、イベントが目立つから、いつもお金にならないことやってるように見えるのでしょう(^_^;)。







ルミちゃん二号6

 





 という、まずは妄想二題でした。
 そしてまだあるんです。

 それはまた次の講釈で。



************************************************************
恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。

 


 思い起こすと、バイオリン時代からチューナーを何個持って、その殆どを壊すまたは無くしました…
 四角い大きなチューナーは落下で壊し、
 薄型の小型チューナーはどこかの演奏で会場付近??で紛失、
 クリップ式チューナーは二胡ケースに入れている(安全な別スペースにいれていたのに)ガラスが割れる、アームが折れる、などのアクシデント。
 これは、自分の運命、チューナーキラー?????

 そんなことが続く内に「これは音程の神様が、チューナーに頼るのをやめなさいと言ってるんだ」と勝手に決めて、以来、iPhoneのアプリ以外のチューナーを持っていません…(^♢^;




 軽口さておき、音程に自信がなかったり、ミスタッチが怖くなったら、しばらくのあいだチューナーを側に置いて、音階練習をゆっくりなんどもやる、という方法が効果的なこともあるかなあ〜経験上。
 ただし、その場合、最初の調弦はがっつり合わせる必要有りです。

 なんだけど、耳が良すぎる人は、イライラするかも。。。。。
 遠藤賢司というロックミュージシャンは、一時期チューニングに懲りまくってしまい、一日何時間もチューニングばかりやってたという伝説、というか、ライヴMCでそう語っていましたねえ(^_^;)。

 極論言うと、音色がピアノ以外の音源で打ち込みで作ったデジタル伴奏に合わせて稽古するテもあります。ピアノ以外がおすすめです。弦楽器もあんまりお勧めじゃないです。
 笛とか、単純なぽーぽーという音色がお勧めです。





 で、ここで懐かしいチューナーたちの写真はりたいんだけど、しまい込んじゃって出てきません。




P1020007







**********************************************************************************
恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。


 


P1030605-2


 

 というわけで、ちえりあ主催の企画講座シリーズ「二胡と遊ぼう」がスタートしました。
 経験者さんから、先週二胡を買いましたという人まで、いろいろな方が集まってくださいまして。
 
 ワタシは、コレに関してはいわゆるレッスンにはせずに、タイトル通り「二胡と遊ぼう」だな〜と感じて貰えれば良いかなと思ってます。

 なんで、ざっくりプログラムは決めるけれども、一個投げたらそのレスポンスを窺いつつ、なるたけフリースタイルで、やりとりしながらの、ゆるワークショップで行く所存。



 でも、そういうの期待はずれだなあとか、思われたらどうしよう、とまだドキドキで、昨日は緊張しすぎてどっかひねったのか腰痛になり、受講者さんにバレる始末。
 これからどうなるでしょう(^◇^;)。


 そうだ、開講時刻前には、十数年前に中国で入手した名演奏家によるレクチャーや実演の映像(なつかしのVCD!)をランダムに流しているんですが、今日 趙寒陽大師のものを流していたら、偶然師の教材で独学中、という方がいました\(^o^)/。

 そんなことからも話が始まったりするわけです。即興演奏みたいなもんです。



 五回限定の短期講座の上、講師がこんなフリーダムっぷりなんで、どこまで行けて、なにが完成するかわからないですが、今日に関しては、みなさんそれぞれ、勝手に(良い意味で)楽しみをみつけてくださってたみたいです。


 少数精鋭なんで、なるべく、お一人お一人が「あ、いまワタシ置いてかれてる?」って感じないように進めたいと思っておるのです。

 というのは、過去の短期臨時講座の反省からのものです。

 それと「どうせやるなら、機嫌良くやろうじゃないか」ってことです。




 この講座で短い春の日を過ごして、そのあと、それぞれの人が、ニヤニヤしながら(^◇^;)二胡といっしょに、それぞれの旅に出られるように…
 そうだな、目的地の違う人が、たまたま似たような荷物をもっていて、それがきっかけで空港のロビーでなんとなく集って、旅への期待をそれぞれ話すような、そんな講座になったらいいと思います。




 勧誘下手なので、自分の講座に誘導とかは…できないだろうなああ………
 まあしばらくの立ち位置は、ほめ殺し演出家、かなあ(^◇^;)。
 ただ、おぼろげな着地点は、おぼろげに見えてきました。幻かな?(^◇^;)




 しかし、みなさん積極的で、しっかりパワフルで、逆に影響されます。
 負けてられない!がんばろう〜\(^o^)/。




********************************************************************************
恋上二胡 copyright csomeiro,maho arakida since1999-
文章、画像、図表の無断転載(コピペ)を禁止します。盗用、剽窃、パクりも禁止です。

ブログ主は 無宗教、特定の政治団体や派閥(政党も)無所属、ネットビジネスなどとも関係ありません。

このページのトップヘ